広告商品

写真・リンクをクリックで詳細画面が表示され、ご注文頂けます。

〈アニアリ〉メッセンジャーバッグ
【JALショッピング別注】オフはもちろん、スーツにも持てる大人のレザーメッセンジャー。
JALショッピング
価格:29,925円(税込)

<インディード>ANAショッピング別注レガールビジネスブリーフ
使い込むほどに風合いを楽しめる良質な革を使用深みのあるネイビー×ブラウンの組み合わせはここでしか買えない別注商品深みのある色合いが上品なビジネスブリーフです。
ANAショッピング
価格:40,950円(税込)

〈JALUXオリジナル〉休日ショルダー
世代を問わずに、愛用できるベーシックデザイン。コーディネートしやすく、使い回せる万能バッグ。
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

〈アビステ〉旅の3点セット
旅支度が楽しくなる、シューズ・アクセサリー・ランジェリー収納ケース3点セット。
JALショッピング
価格:9,800円(税込)

<PELLE MORBIDA>被せボストンバッグ L ブラック
たっぷり収納できるサイズ設計は旅行のお供にもぴったり素材からデザインまで、全ての工程をこだわり抜いて仕上げた「PELLE MORBIDA」のボストンバッグ。
ANAショッピング
価格:76,650円(税込)

5Eエアーヒールパンプス
低反発素材とエアー入りヒールでラクな履き心地。快適さと歩きやすさをとことん追求したパンプス。
JALショッピング
価格:10,290円(税込)

ハリスツイードリバートート ネイビー
ハリスツィード生地を使用したリバーシブルトートバッグ
ANAショッピング
価格:19,950円(税込)

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF
エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場。
ANAショッピング
価格:42,525円(税込)

〈リツア〉ショルダーバッグ
大人の休日を快適にする、斜め掛けしやすいショルダーバッグ。
JALショッピング
価格:15,750円(税込)

〈ブリッグス&ライリー〉ブリーフケースVB402
オフにも持ち歩ける高機能ビジネスバッグ。。
JALショッピング
価格:18,900円(税込)

美軽シューズ III
旅におしゃれで軽快なセカンドシューズを!“美軽”は、さらに美形へ。グッと大人な表情に!
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

<ネオプロ>ガーメントケース
スーツを2着収納、三つ折りタイプのガーメント
ANAショッピング
価格:13,650円(税込)
【A-レコメンド】<ANA創立60周年記念>ロクシタン スペシャルトータルケアセット
プロヴァンスの自然の恵みを堪能できるセット「ロクシタン」の人気商品を詰め込んだ、プロヴァンスの自然の恵みたっぷりのスペシャルセット。
ANAショッピング
価格:6,300円(税込)

<seisuke88>キティコラボラミネートトートバッグ 空飛ぶ
ハローキティコラボアイテム人気のトートバッグ
ANAショッピング
価格:12,600円(税込)

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
JAL機内販売品がJALショッピングでお買い求めいただけます!JALショッピング
プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社
イギリス(ロンドン・近郊)ミニミニ旅行記
イギリスの写真は  無料写真素材(イギリス)のページ をご覧ください。

2006年12月25日(月曜日)・・・曇り

関西国際空港・・・12時05分発 JL421便にてロンドンに向けて飛び立つ。

数年前、同じ便でロンドン乗り継ぎスペインへ行った時はジャンボ機であったが777に機材が変更になっていた。約12時間のフライトを終え、目的地ヒースロー空港に着いたのは現地時間、同日の15時過ぎ。

今回の旅は、航空券と安宿のみ旅行会社で手配頂き、個人旅行となった。到着時のみホテルまでの迎えの車が用意されていた。

宿泊ホテルであるロイヤル・ナショナル・ホテルに着いた時はもうすっかり暗くなってたい。このホテルは団体客がメインのように感じた。部屋は想像以上に狭く冷蔵庫・セーフティボックスはなく必要最低限の設備ではあったが、バスタブのお湯はしっかり出るし、私にとってはまあまあ快適に過ごせた。また大英博物館へも歩いて直ぐだし、地下鉄も近くて観光には便利な立地条件であった。その他コンビニが道を挟んであり、最寄の地下鉄駅前にはスーパーもあるのでミネラルウォーター他サンドイッチやサラダ、果物も手に入る。

外貨両替専用窓口や現地オプショナルツアー会社も同ホテル内にある大きなホテルだ。滞在費を安く上げるには適したホテルだが、ホテルライフを豪華に過ごしたい方には向いていない。

ホテルに着いてすぐに外に出てみた。地図を片手に大英博物館を通り過ぎ、リージェント・ストリートからピカデリー・サーカスへと繁華街を歩いて回った。地図からは凄い距離に感じるが、実際歩いてみると本当に狭く感じられた。ピカデリー・サーカス近くで夕食をと周りを見渡したが、今日はクリスマス、レストランも殆どが休み。その中、赤いネオンの装飾で一際目を引いたのがステーキハウス、この近辺には同じ様な店が何店もあった。その一つに入りステーキを注文・・・不味い・それに凄く高い・・・そうイギリスは驚くほど物価が高かったのだ。ステーキの他にライスを注文したがやはり長粒米、もちろんまずかった。

地下鉄の入り口の鉄格子門が閉まっていたので、この日は稼動していなかったのかも知れない。またホテルまで歩いて帰ったが、苦になる距離ではなかった。

2006年12月26日(火曜日)・・・曇り

2日目、ホテルで朝食、宿泊費に含まれている食事を1階のレストランへ。パンとコーンフレーク、ミルク、オレンジジュース、バターとジャムのみ。その近くに別料金4ポンドを払えば食べられるビュッヘが併設、ゆで卵、スクランブルエッグ、ベーコン、温かいパンぐらいであったが。

今日から本格的に観光。12月末のロンドンの日の入りは午後4時前、早く観光に出ないとすぐに薄暗くなってしまう。 午前中、ビッグベン、ウエストミンスター寺院、ロンドンアイ近辺を歩いて観光。今にも雨が降りそうなどんよりと曇った天候の中、写真撮影。やはり私の腕では綺麗には撮れない。暗い写真となってしまった。

昼食はチャイナタウンで麺類を食べ、午後の観光へ・・・ホースガース、バッキンガム宮殿そして夕方からはマダム・タッソー(蝋人形館)を見学、夕食もまたチャイナタウンでセットメニューを食べた。

 

ホースガースへは地下鉄ピカデリーサーカスで降り歩いて行ったがそう遠い距離ではない。紺色で襟が赤のマントを身にまとった衛兵が馬にまたがっているのが先ず目に飛び込んできた。馬の頭と胴体は半分ほど歩道に出ていたのですぐに気がついた。衛兵は皆、かなり若そうだなという印象であった。沢山の観光客が写真撮影していたが、衛兵は観光客が近づいてきても背筋を伸ばし正面を見つめて冷静に馬にまたがっている姿勢を保ったままだった。丁度衛兵の交代式のようなものが始まり、赤いマントの衛兵達が現れた。その中の指揮をしている一人が大きな声を出しながら行進して門を出て車道までいっきに歩いて進んだのには驚かされた。車が走っている中にスピードを落とすことなく突き進んで行ったからだ。道路の真ん中付近で突然振り返り停止、そこからまたまた大きなびっくりするような声を出し指揮していた。紺のマントの衛兵から赤のマントの衛兵へと無事交代。

 

今日まで博物館等、クリスマス休暇であったため、見学は出来なかった。12月24・25・26日はお店等も休みが多くて旅行者にとっては不利な日でもある。25日はひっそりした街中だったが26日からは徐々に人出が増えてきた。ロンドン市内は地下鉄網が発達しているので、主要観光地への足はそれで事足りる。1日券・3日券のトラベルカードを地下鉄駅窓口で購入して利用すると便利。

※マダムタッソーでは入場券を買ってから1時間以上過かってやっと入館できた。事前にマイバスセンター等でチケットを購入してから行くと別入り口から比較的早く入館できるようであった。

※地下鉄の列車は天井部分が丸く半円のようになっていて日本と比較すると窮屈に感じた。ホームへはエスカレータを利用する駅が主だが、エレベータのみの駅もある。

2006年12月27日(水曜日)・・・曇り一時雨

この日はユーロスターの始発駅でもあるウォータールー駅から直通列車で50分のところにあるウィンザー城へと観光に出掛けた。この日も天気が悪く、時々小雨が降る天候であったが車窓から見る景色を眺めながら短い列車の旅を楽しむことができた。城では薄暗い天候ではあったが雨にも遭遇することなく観光できた。しかしやはり写真撮影には最悪な天候ではあった。衛兵交代のパレードはバッキンガム宮殿だけかと思っていたが、ここでも運良く見ることが出来た。歩き疲れたこともあり午後早目にホテルに戻り、眠りについてしまった。夜、8時頃ホテルを出て、ビッグベンの夜景撮影に出掛けた。パラパラと時折雨が振るなか、11時頃まで撮影して、疲れきってホテルに戻った。連日、歩いての観光で足はすでに悲鳴をあげていた。

※ロンドンのトイレ事情

地下鉄構内には殆どトイレは無く、美術館や寺院・主な観光施設などやレストランでの食事の時に済ませよう。またウォータールー駅のように有料のトイレもあるのでご注意を。コインを投入して入るので小銭は持ち歩いたほうが・・・。

2006年12月28日(木曜日)・・・晴れのち曇り

早朝、ピカデリー・サーカスからホースガースを散策して、現地旅行会社に行き、ロンドン塔とタワー・ブリッジの入場券を購入。その後、衛兵交代の行進を見にバッキンガム宮殿に向かった。朝の一時だけ日の光を見ることが出来たが、宮殿についた頃はまた曇り空・・・こんな天気ばかりが続く・・・。
衛兵交代行進は夏場は毎日だが、冬は2日に一度、良いロケーションは遅くても30分前には行かないと希望の場所には行けない。この日も30分前には黒山の人盛りであった。現地旅行会社から一番良いロケーションを聞いていたので、1時間程前に陣取って行進を撮影することができた。昼食はまた中華街へ行き、中華ビュフェを食べた。まあまあの味であるのと、ロンドンでは比較的安く食事できるので、何度も利用した。午後からはタワー・ブリッジとロンドン塔を見学。タワー・ブリッジの迫力には感嘆した。また橋の上部にもエレベータで登ることができ、上の回廊からは小さな写真撮影用の窓がいくつも設けられており、ロンドンの街を撮影することができた。丁度少しだけだが晴れ間が見えた。その後近くにあるロンドン塔の観光に。もう夕暮れ・・・ここはもっと時間をかけて見学したい場所であったが・・・。夕食はソーホーでイタリアン。

2006年12月29日(金曜日)・・・曇りのち雨、そして曇り

また今日も曇り・・・こんなに天気に恵まれなかった旅行もない。

今日は最初にセントポール寺院へ行き、丸い塔の頂上付近まで、歩いて登った。途中息切れがして心臓麻痺になるのではと思うくらいであった。しかし眺めはロンドン中を見渡せるぐらいであった。晴れていれば最高であったに違いない。寺院はテムズ川近くにあり、そこから対岸のテート・モダンまで近代的な橋を歩いて渡り見学に行ったのだが、雨に濡れてしまった。その後、ピカデリー・サーカス近くのナショナルギャラリーへ。今日も歩き疲れホテルに戻る。食事に出掛ける気力もなく、近くのスーパーで観光の帰りに買っておいた、サンドイッチ・サラダ・ジュースで夕食とした。

2006年12月30日(土曜日)・・・快晴のち曇り一時雨

午前中、今回の旅行で初めて快晴となった。心までウキウキしてきた。

先ず午前中はハイドパークとその周辺の観光に出掛け、自然史博物館にも立ち寄った。

本当に青空に映える景色が綺麗で、まるでここ数日から比べると別世界、違う街にきたようであった。ハイドパークの池では水泳をしている若者を観光客大勢が見ていた。その光景も別世界のようであったが・・・。
その後ソーホーでイタリアンの昼食、天気が良いので、ビッグベンやその他の観光地の写真を撮りなおしに行こうと思ったら急に天気が悪くなってきて、雨・・・・・最悪・・・途中雨宿りをして、宿泊ホテル近くの大英博物館に向かった。外で撮影できなかったから、博物館内で写真を撮りまくった。館内を何度も歩き回り、疲れが限界に達したようなのでホテルに帰ることに。裏口から出たのだが、そこからも入館できるようであった。なんと表玄関よりもずっとホテルに近かったのだ。本当に目と鼻の先、些細な発見だが何故か得した気分に・・・。

2006年12月31日(日曜日)・・・一時晴れのち曇りのち雨

今日の午後6時15分発、JL422便で帰国。
午後2時頃まではロンドン市内で観光。その後ホテル最寄の地下鉄から直通でヒースローに。
朝一で宿泊ホテルからも近いマイ・フェアレディの舞台ともなったコベントガーデンへ出掛けた。まだ薄暗かったが空を見ると微かに青空が見えた。人出もまばらであったが最後のロンドンの街の雰囲気を楽しむことができた。(帰国してから勿論マイフェアレディのDVDを観た)昼食はまたまた中華街で摂り、お土産用の紅茶をメイソンまで買いに行ってから、再度コベントガーデンに向かった。今度は沢山の人出があり、付近では大道芸人達のパフォーマンスで賑わっていた。朝訪れたときにはなかった沢山の小さな店も出ていて、時間があればもっと楽しめるのではと感じた。その頃はまたまた曇り空となっていた。
それからホテルに預けておいたスーツケースを引き取ってから、地下鉄でヒースローまで向かった。空港ではテロの影響で厳しく検査されると聞いていたが、それ程でもなくすんなり待合室へ・・・。

2007年1月1日(月曜日)・・・曇り

帰国便の中ではいつものようにぐっすり眠ることができ、目が覚めたら窓からは朝焼けが綺麗に光を放っていた。

ロンドンはまだまだ訪問したい場所が沢山ある。今回は行けなかったが小さな村々、湖水地方、エジンバラへもいつかは行ってみたい。


イギリスの写真は  無料写真素材(イギリス)のページ をご覧ください。

売れ筋商品
<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

タフムーブメントを搭載した多機能クロノグラフ

素材:ケース:ステンレススチール、バンド:ステンレススチール、風防:無機ガラス

エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場しました。世界6局の標準電波に対応した高感度小型アンテナを内蔵しているため、海外への出張や旅行の際も正確な時間を確認できるのが特徴。カシオ独自のソーラー充電システム・タフソーラー、針ズレを修正する針位置自動補正機能により、正確性、信頼性の高い時刻表示が可能となっています。多層構造の文字盤はモノトーンで仕上げられ、光の陰影により立体感をもたらします。

ANAショッピング

・・・詳細確認・ご注文は商品写真をクリックしてください。

価格 42,525円 (税込)      配送手数料 630円 (税込)




 このページトップへ

Copyright (C) 2006 The favorite world All Rights Reserved.