広告商品

写真・リンクをクリックで詳細画面が表示され、ご注文頂けます。

〈アニアリ〉メッセンジャーバッグ
【JALショッピング別注】オフはもちろん、スーツにも持てる大人のレザーメッセンジャー。
JALショッピング
価格:29,925円(税込)

<インディード>ANAショッピング別注レガールビジネスブリーフ
使い込むほどに風合いを楽しめる良質な革を使用深みのあるネイビー×ブラウンの組み合わせはここでしか買えない別注商品深みのある色合いが上品なビジネスブリーフです。
ANAショッピング
価格:40,950円(税込)

〈JALUXオリジナル〉休日ショルダー
世代を問わずに、愛用できるベーシックデザイン。コーディネートしやすく、使い回せる万能バッグ。
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

〈アビステ〉旅の3点セット
旅支度が楽しくなる、シューズ・アクセサリー・ランジェリー収納ケース3点セット。
JALショッピング
価格:9,800円(税込)

<PELLE MORBIDA>被せボストンバッグ L ブラック
たっぷり収納できるサイズ設計は旅行のお供にもぴったり素材からデザインまで、全ての工程をこだわり抜いて仕上げた「PELLE MORBIDA」のボストンバッグ。
ANAショッピング
価格:76,650円(税込)

5Eエアーヒールパンプス
低反発素材とエアー入りヒールでラクな履き心地。快適さと歩きやすさをとことん追求したパンプス。
JALショッピング
価格:10,290円(税込)

ハリスツイードリバートート ネイビー
ハリスツィード生地を使用したリバーシブルトートバッグ
ANAショッピング
価格:19,950円(税込)

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF
エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場。
ANAショッピング
価格:42,525円(税込)

〈リツア〉ショルダーバッグ
大人の休日を快適にする、斜め掛けしやすいショルダーバッグ。
JALショッピング
価格:15,750円(税込)

〈ブリッグス&ライリー〉ブリーフケースVB402
オフにも持ち歩ける高機能ビジネスバッグ。。
JALショッピング
価格:18,900円(税込)

美軽シューズ III
旅におしゃれで軽快なセカンドシューズを!“美軽”は、さらに美形へ。グッと大人な表情に!
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

<ネオプロ>ガーメントケース
スーツを2着収納、三つ折りタイプのガーメント
ANAショッピング
価格:13,650円(税込)
【A-レコメンド】<ANA創立60周年記念>ロクシタン スペシャルトータルケアセット
プロヴァンスの自然の恵みを堪能できるセット「ロクシタン」の人気商品を詰め込んだ、プロヴァンスの自然の恵みたっぷりのスペシャルセット。
ANAショッピング
価格:6,300円(税込)

<seisuke88>キティコラボラミネートトートバッグ 空飛ぶ
ハローキティコラボアイテム人気のトートバッグ
ANAショッピング
価格:12,600円(税込)

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
JAL機内販売品がJALショッピングでお買い求めいただけます!JALショッピング
プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社
パタヤ(タイ王国)ミニミニ旅行記
パタヤの写真は 無料写真素材(パタヤ)のページ をご覧ください。

2011年08月04日(木曜日)・・・晴れ時々くもり

中部国際空港・・・11時00分発 TG645便(タイ国際航空・エアバス330)にてタイ王国・バンコクに向けて旅立つ。座席は2列・4列・2列で前席との座席ピッチが狭くやや窮屈に感じた。今回は往復とも事前座席予約出来て、この点については満足。天気が良く心地良いフライトのスタートとなった。
エアバス330   機内からの眺め
この機種だけかも知れないが、パーソナル液晶モニターは古く、タッチパネルではあるが反応が非常に遅くイライラした。またプログラムも洗練されていない。機体は綺麗なので、期待し過ぎたのかも。

機内食1  機内食2
機内食は並か並以下と感じた。サービスは悪くはないが、これまた並か並以下と言いたい。

もう少しきめ細やかなサービス、気配りがあってもよいのでは。到着少し前にアイスクリームのサービス。


機内  スワンナプーム国際空港
およそ定刻通り、スワンナプーム国際空港に到着。

インターネットで下調べした天気予報ははずれ、現地では晴れ。現地係員が出迎えてくれ、小型バスに乗り一路パタヤに向かった。パタヤに向かうに連れて天気は快晴となった。この時期は雨季で、良くても曇り空だろうと予想していたが、良いほうに外れてくれた。


パタヤはスワンナプーム国際空港から車で2時間弱、南下した所に位置するが、途中休憩で下車した途端、すぐに日焼けするような強烈な日差しであった。日本で調べた時はずっと長期間、雨・雷の予報だったのに、こんなに外れるものなのか・・・

ホテルロビー  夕焼け
夕刻、今回の旅行で利用するホテル(シェラトン・パタヤ・リゾート)に到着。

ロビーは吹き抜けで入り口突き当たりから景色(タイ湾)が見える。当日、ラッキーにもホテルのプライベートビーチからタイ湾に沈む夕日を見ることができた。このホテルはパタヤ市街地から少し離れた小高い丘の上に立っているので静かで環境の良いホテルである。このホテルには日本語案内が一切なく、部屋へ案内されての説明もすべて英語・・・

その後、観光と夕食を兼ねて、ホテルのシャトルバスで、ウォーキングストリートへ出掛けた。シャトルバスはその日は予約なしに乗れたが、通常は事前予約が必要らしかった。ホテルからパタヤの中心繁華街セントラルフェスティバル(ヒルトンホテル付近)まで無料で日に何便か運行されていた。帰りは時間が合えばホテルのシャトルバスに乗って帰ることが出来たが、ソンテウ(小型トラックを改造した乗り合い小型バスのようなもの)で帰るのが便利であった。

パタヤ中心部からシェラトンホテルまで200バーツ(約600円)、一人でも数人でも料金は同じ。ただし乗る前に料金を交渉しておくことが肝心。ドライバーによっては高い料金を請求されるので注意が必要。大体片道200バーツから300バーツでパタヤ市内は移動可能であった。バンコク市内でよく見かけられたトゥクトゥクは一台も見かけなかった。タクシーはチラホラ、パタヤではソンテウがやはり一番多く主な移動手段となっていた。

パタヤは日本人観光客は少なかったように感じた。ヨーロッパ人が一番多く、韓国人や中国人が比較的多かったように感じた。


2011年08月05日(金曜日)・・・晴れ(快晴)

朝から快晴、雨期だとは信じられないような空・・・

朝食はビュッフェスタイルで、内容は洗練されているように感じた。部屋からレストランまで傾斜地をエスカレーターもエレベーターもなく歩いて登っていく感じなので、老齢者には少しきついかも知れません。

食事は屋内とガーデンテラスが選べるが、今回の旅行では毎朝食、屋外を利用した。レストランは高台にあるので海を眺めながら食事することが出来る。

朝食  ロビー

朝食後、ホテルガーデンを散策、プールは3つあるが、朝7時過ぎ、まだ誰も利用してはいなかった。

この時間帯なら貸切で利用といった感じだった。
ホテルプール  ホテルプール

今回の旅行で宿泊ホテル選びで候補に挙がったのは、ここシェラトンと真新しいヒルトンの二つであったが、静かな環境のプールサイドでゆったり過ごしたかったのでシェラトン・パタヤリゾートを選んだ。ヒルトンはパタヤビーチのど真ん中で観光に大変便利なオープンし立てで、超近代的で綺麗なホテル。ヒルトンホテルの下はショッピングセンター(セントラルフェスティバル)になっているので、ショッピングや食事にも便利。地下スーパーにはトロピカルフルーツも豊富に売られているので、そこだけでも十分楽しめる。蒸し暑いのが苦手な方は、冷房が効いていて快適な空間であるショッピングセンターで過ごされるのも良いかも。真新しい凄く綺麗なビルである。

部屋で少し休憩後、パタヤパークタワー(下層はホテル)まで観光に出掛けた。ホテルからソンテウで200バーツであった。56階からのゴンドラでの降下アトラクションがついて一人200バーツであった。55階の展望フロアーまで一気にエレベーターで上がる。55階はガラス張りだが、そこから階段で上がった屋上は遮るものは何もなく、パタヤ周辺を360度見渡せる絶好のビューポイントである。ここはオススメポイントである。
パタヤパークタワー  タワーからの眺望
タワーからの眺望  タワーからの眺望
アトラクション  アトラクション

56階の屋上からはワイヤー伝いに降りる3種類のアトラクションを利用できる。一番怖いのは命綱だけでワイヤー伝いに一人で降りるタワージャンプと呼ばれる方法、次は二人乗りの小さな箱のようなものに乗って降りる方法、これは怖くなければ写真やビデオを撮影しながら降りることも可能。それでも怖い方は、大型のドラム缶のようなゴンドラに乗って降りる方法が選べる。どれも怖い方は、上ってきたエレベーターでも降りることが可能なので、ご心配無用!また52階・53階は回転レストランになっているようである。

パタヤの景色を十分堪能した後、パタヤパークタワーからセントラルフェスティバルまでソンテウで向かった。(300バーツ)

セントラルフェスティバル内のレストランで昼食を済ませ、パタヤビーチ沿いにウォーキングストリートまで歩いた。ビーチ沿いには遊歩道が整備されていて、その横はすぐに道路(南下方向の一方通行)、道路を挟んでお土産店やレストランなどが立ち並んでいる。セントラルフェスティバルもそこに立地する。

夜になると遊歩道にも露天が沢山出て、夜遅くまで賑わっていた。昼間は暑いので、夜の方が人出が多かったように思った。
パタヤビーチ  パタヤビーチ
パタヤビーチ  パタヤビーチ

ウォーキングストリートはパタヤビーチの南端に位置し、シェラトンホテルにも近い。昼間は車が通っているが、夜は歩行者天国になり一大歓楽街となる。ゴーゴーダンスや飲み屋・レストラン・お土産店などが立ち並ぶ。初めて訪れた人は、ダンス音楽の騒音・きらめくネオン・ポールダンスの踊り子達に驚かれるかも知れない。行きかう人の波で夜遅くまで賑わっている。


ウォーキングストリートからシェラトンまでは近くなのだが、ホテルは小高い丘の上、体力に自信のない方はやはりソンテウを利用した方が、賢明である。近くなのだが、ソンテウの料金は200バーツと割高である。ソンテウはいたる所に停まっているし、歩いていると声をかけてくることもしばしばである。

 

夜7時30分からのティファニーズショー(ニューハーフショー)を観るために、早目にホテルからソンテウに乗って出掛けた。(300バーツ)大人気のショーで子供から大人まで凄い人出であった。ショーは一日3回から4回あるようで、各ショーの後は、ダンサー達が先に外に出て観客を待っていて、ダンサーと記念写真を撮ることができる。(但し有料)このパターンはタイのニューハーフショーではどこでも同様。今回、日本でインターネットにて席を早目に予約しておいたので、座席は一番前のど真ん中であった。


2011年08月06日(土曜日)・・・晴れ時々曇り

今朝も晴れ、朝食後ホテルのプールで一泳ぎ。暫く泳いでいるとホテル従業員の方がペットボトル入りのミネラルウォーターをサービスで持ってきてくれる。タイミング良ければ、一口で飲み干せるサイズのコップに入れた冷たいジュースを配ってくれる。これもまたサービス。ゲストルームの掃除の時にもサービスでミネラルウォーターが補充される。また夕刻ベッドメイキング時にも飲んでしまっていたら、補充してくれる。きめ細かなサービスである。
ホテルプール  ホテルプール
ホテルプール  ホテルテラス


10時からオプショナルツアーでラーン島(蘭島)に向かった。
ホテルまで送迎つきで、蘭島での昼食込みであった。ガイド案内はすべて英語で、日本人は少なく色んな国の方達と一つのグループとして参加した。スピードボートで蘭島まで約15分だが、途中人口の浮島のような所に立ち寄り、希望者のみパラセーリングに挑戦!その後蘭島に向けて出発。
パラセーリング  パラセーリング

蘭島はそれほど大きな島ではないがビーチは本土のパタヤビーチに比べると格段に綺麗。さんご礁の白砂に海水は無色透明。強烈な日差しと照り返しで見る見る日焼けしてしまう。パタヤや蘭島でのビーチ遊びには、日本の夏以上に日焼け対策を十二分にしておかないと、大変なことになるので注意が必要だ。この日は、ここから車で2時間程度しか離れていないバンコクは雨・・・しかしパタヤは雨季にも係わらず、晴れ!蘭島では泳ぐか、マリンスポーツをするか貸しビーチパラソル・ビーチベッドで寝て過ごすか・・・またはオプショナルの島内散策ツアーに参加するかだ。お土産店も沢山あるが、歩いているだけでも強烈な日差しで体力が消耗されるような感じであった。またアイスクリームやお土産の物売りさんもやってくる。下の写真には写っていないが、ビーチパラソルの数は半端ではない。

★現地の人の話では、バタヤは雨季でもバンコクのように、雨はそんなに降らないと話していた。
蘭島  蘭島

予定では16時頃、ホテル到着であったが、各参加者をそれぞれの宿泊ホテルまで送っていると、予定よりかなり遅くなってしまった。

ホテルで数時間休憩後、ホテルのシャトルバスでパタヤビーチ繁華街へ出掛けたが、今回の旅行中、初めて雨が降ってきたので、コンビニで買い物をしてから早々にホテルに戻った。急な雨だったのでビーチ沿いの沢山の露店も急いで商品を片付けていたが、慣れた様子であった。パタヤ市内にもコンビニは沢山あり大変便利。セブンイレブンが一番多く、ファミリーマートも見かけた。


2011年08月07日(日曜日)・・・曇り時々晴れ

本日は少し雲が多いが晴れ間もありまあまあの朝を迎えた。

午前中はプールサイドでのんびり過ごした。
ホテルプール  ホテルプール

昼頃からパタヤビーチ中心街に出掛け、街中のレストランで昼食、その後ビーチ沿いを散策。晴れ間が少しの間広がり強烈な日差しが、今日も照りつけた。蒸し暑さのせいかビーチ沿いの遊歩道も夜間に比べ、人通りが少な目であった。

メブラーナ博物館  メブラーナ博物館

今夜はアルカザールでのニューハーフショーを予約していたので、早目にホテルに戻りしばし休憩。20時からショーが始まるので、6時頃からソンテウに乗ってアルカザールに向かった。(300バーツ)
時間がかなりあったのでアルカザール近くの大きなショッピングセンターで時間潰し。このショーも日本でインターネットから早目の予約を入れたので、最前列のど真ん中の席であった。

夜のパタヤビーチの写真。右側の写真はビーチ(砂浜)から遊歩道・道路側を撮影したもの。夜のバタヤは下の写真よりずっと賑やかで活気に溢れていた。
夜のパタヤビーチ  夜のパタヤビーチ


2011年08月08日(月曜日)・・・晴れ時々曇り

パタヤ滞在最終日、遅め目の朝食後、午前中ホテルのプールでのんびり過ごした。数時間ゆっくりサンデッキに寝転び静かに流れる時間を楽しんだ。
朝食  ホテルプール

午後からは、ソンテウでセントラルフェスティバル(ヒルトンホテルの下階)に出掛けウィンドウショッピング、その後パタヤビーチ沿いに歩いて南下、途中ケンタッキーフライドチキンで昼食を摂った。
パタヤビーチ  パタヤビーチ

夜8時に旅行会社から迎えが来るので、早目にホテルに帰り、荷物の整理、シャワーを浴びて帰る準備をした。今回はチェックアウトまで部屋を利用できたので、非常に便利であった。

夜7時にフロントに連絡してスーツケースを取りに来てもらった。荷物と一緒に小型モーターカーに乗り、フロントまで運んでもらった。
 チェックアウトを済ませ、迎えの車でスワンナプーム空港に向かった。


2011年08月09日(火曜日)・・・晴れ

夜10時頃スワンナプーム国際空港に到着、出国手続きを済ませて、空港内のレストランで遅めの夕食(最後のタイ料理・グリーンカレー)を摂った。

深夜00:05、概ね定刻通り離陸、TG644便で中部国際空港に向けて飛び立った。

  
軽食が離陸後すぐにサービスされて、疲れのせいか、すぐに眠りについた。

目が覚め窓の日除けを上げて外を見たらもう夜明けであった。暫くすると朝食のサービスがあった。
機内から  機内から
機内食  機内食

  
およそ定刻朝8時に中部国際空港(セントレア)に到着、パタヤの旅は終わった。



パタヤの写真は 無料写真素材(パタヤ)のページ をご覧ください。

売れ筋商品
<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

タフムーブメントを搭載した多機能クロノグラフ

素材:ケース:ステンレススチール、バンド:ステンレススチール、風防:無機ガラス

エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場しました。世界6局の標準電波に対応した高感度小型アンテナを内蔵しているため、海外への出張や旅行の際も正確な時間を確認できるのが特徴。カシオ独自のソーラー充電システム・タフソーラー、針ズレを修正する針位置自動補正機能により、正確性、信頼性の高い時刻表示が可能となっています。多層構造の文字盤はモノトーンで仕上げられ、光の陰影により立体感をもたらします。

ANAショッピング

・・・詳細確認・ご注文は商品写真をクリックしてください。

価格 42,525円 (税込)      配送手数料 630円 (税込)




 このページトップへ

Copyright (C) 2006 The favorite world All Rights Reserved.