広告商品

写真・リンクをクリックで詳細画面が表示され、ご注文頂けます。

〈アニアリ〉メッセンジャーバッグ
【JALショッピング別注】オフはもちろん、スーツにも持てる大人のレザーメッセンジャー。
JALショッピング
価格:29,925円(税込)

<インディード>ANAショッピング別注レガールビジネスブリーフ
使い込むほどに風合いを楽しめる良質な革を使用深みのあるネイビー×ブラウンの組み合わせはここでしか買えない別注商品深みのある色合いが上品なビジネスブリーフです。
ANAショッピング
価格:40,950円(税込)

〈JALUXオリジナル〉休日ショルダー
世代を問わずに、愛用できるベーシックデザイン。コーディネートしやすく、使い回せる万能バッグ。
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

〈アビステ〉旅の3点セット
旅支度が楽しくなる、シューズ・アクセサリー・ランジェリー収納ケース3点セット。
JALショッピング
価格:9,800円(税込)

<PELLE MORBIDA>被せボストンバッグ L ブラック
たっぷり収納できるサイズ設計は旅行のお供にもぴったり素材からデザインまで、全ての工程をこだわり抜いて仕上げた「PELLE MORBIDA」のボストンバッグ。
ANAショッピング
価格:76,650円(税込)

5Eエアーヒールパンプス
低反発素材とエアー入りヒールでラクな履き心地。快適さと歩きやすさをとことん追求したパンプス。
JALショッピング
価格:10,290円(税込)

ハリスツイードリバートート ネイビー
ハリスツィード生地を使用したリバーシブルトートバッグ
ANAショッピング
価格:19,950円(税込)

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF
エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場。
ANAショッピング
価格:42,525円(税込)

〈リツア〉ショルダーバッグ
大人の休日を快適にする、斜め掛けしやすいショルダーバッグ。
JALショッピング
価格:15,750円(税込)

〈ブリッグス&ライリー〉ブリーフケースVB402
オフにも持ち歩ける高機能ビジネスバッグ。。
JALショッピング
価格:18,900円(税込)

美軽シューズ III
旅におしゃれで軽快なセカンドシューズを!“美軽”は、さらに美形へ。グッと大人な表情に!
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

<ネオプロ>ガーメントケース
スーツを2着収納、三つ折りタイプのガーメント
ANAショッピング
価格:13,650円(税込)
【A-レコメンド】<ANA創立60周年記念>ロクシタン スペシャルトータルケアセット
プロヴァンスの自然の恵みを堪能できるセット「ロクシタン」の人気商品を詰め込んだ、プロヴァンスの自然の恵みたっぷりのスペシャルセット。
ANAショッピング
価格:6,300円(税込)

<seisuke88>キティコラボラミネートトートバッグ 空飛ぶ
ハローキティコラボアイテム人気のトートバッグ
ANAショッピング
価格:12,600円(税込)

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
JAL機内販売品がJALショッピングでお買い求めいただけます!JALショッピング
プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社
タイ王国(バンコク・アユタヤ)ミニミニ旅行記
タイ王国の写真は 無料写真素材(タイ王国)のページ をご覧ください。

2007年12月23日(日曜日)・・・晴れ

中部国際空港・・・14時45分発 JL737便にてタイ・バンコクに向けて飛び立つ。

約15年振りのタイ観光旅行、空港も新しくなり様変わりしている様子がガイドブックから伝わってきている。

タイ・スワンナプーム国際空港に定刻より少し早く19時(現地時刻)到着。

天気は晴れ、湿度はそれ程高くは感じなかったが、さすが熱帯だけあって暑かった。

 

ホテルに向かう前に、空港内で両替、日本の都市銀行では1バーツ=約4.18円であったが現地空港では約3.5円であった。タイに限っては現地で両替する方がお得のようです。両替も済ませホテルまでタクシーで行こうと乗り場を探したが、パブリック・タクシー乗り場が1階から2階に変更になっていて、探すのに非常に時間が掛かってしまった。探している間、タクシーやリムジンの誘いが多かった。空港からバンコク市内まで(約300バーツと旅行ガイドに記載されていたが)1200バーツだと吹っかけられた。断るとすぐに900バーツに・・・リムジンタクシーの場合も最初は1200バーツから900・770・720バーツと徐々に下げてきた。

しかし観光ガイドの値段とあまりにも違うので、時間は掛かったがパブリックタクシーを捜した。やっと見つけて高速道路を通りホテルまでたどり着いた。高速道路料金は別途支払いで450バーツであった。

空港でタクシーの客引きが声を掛けてきたら断るのが無難のようだ。

 

宿泊ホテルはチャイナタウンにあるGRAND VILLE(グランド ビル)、三ツ星ホテルでった。予約は日本でインターネット上で予約しておいた。安く泊まりたい人向けでデラックスホテルを希望する人には向かない。ロビーに入り途端に変な臭いがして嫌な予感・・・部屋はデラックスを予約していたが、角部屋で少し広いくらいで、窓は汚く景色が良く見えないくらいであった。普通の日本の民家のサッシ窓のような感じで、14階であるのに車の騒音がそのまま部屋に入ってくる感じであった。チャイナタウンの中心部に近いので交通量が多く渋滞がひどかった。そのためかどうか分らないが、他の地区からタクシーに宿泊ホテルを告げると乗車拒否されることが多かった。GRAND VILLE(グランド ビル)に決めたのは王宮周辺の観光地に近かったからだが、ホテルから歩いて観光に出かける想定であったが、熱帯であることを念頭に入れていなかったのが大きな誤算であった。(少し歩いただけで汗ダクダク)チェックインを済ませて、外に出てみた。夜店も遅くまでやっているだろうとホテルの近くを歩き回ったが殆どが店じまいしていた。後日分ったことだが夜遅くまでやっているのはチャイナタウンの大通りの一部くらいでその他の露店は夕方から徐々に店を閉めている状況だった。ただし昼間は所狭しと露店が出ていて、大通りはもちろん小さな狭い路地まで人で埋もれているように感じた。

2007年12月24日(月曜日)・・・晴れ時々くもり

ホテルで朝食、(宿泊代に含まれている)味は日本人にも合う感じで美味かった。豪華さはないが、総合的にはまあまあといった感じで合格点あった。宿泊客は欧米人と日本以外のアジア人が多く、日本人に出会うことは無かった。日本人はこんな安宿ではなく、豪華ホテルに泊まるのであろうか?1回目タイを訪れた時は私も豪華ホテルではあったが。

 

食後徒歩で王宮・ワットプラケオ・ワットポーの観光に出掛けた。

先ずは王宮から観光スタート。9時前ではあったがすでに沢山の観光客で賑わっていた。チケット代は大人250バーツと少々高目。エメラルド寺院等眩い装飾が施されていて煌びやかに太陽光によって光り輝いていた。しかしあまりにも人工的な装飾で綺麗過ぎて・・・ヨーロッパ諸国の素朴な土色の遺跡のほうが私には向いているように感じた。

 

次に王宮から徒歩でティアン船着場まで行き、渡し舟に乗りチャオプラヤー川対岸のワット・アルン観光に向かった。渡し舟の料金は片道3バーツであるが、王宮を出て直ぐにワットアルン行きの渡し舟乗り場はこちらだと親切に教えてくれたおじさんの指し示してくれた所に行くと、船着場ではあったのだが・・・大人一人500バーツだと・・・声も出なかった。観光ガイドブックでは3バーツと確か書かれていた筈だと。結局そこは観光ガイドに掲載されていたティアン船着場ではなかったのだ。しかし王宮から出て直ぐの場所なので間違う観光客は多いのではないだろうか。日本円換算では500バーツはそう高くは感じないが、そこから10分くらい歩いたところにあるティアン船着場の渡船料金は3バーツなのだから、それを考えるとバカ高い。本当に親切そうなおじさんであったためもう少しで騙されるところであった。

 

ワット・アルン(暁の寺)は対岸の船着場から徒歩数分、チケット代は50バーツであった。中心の仏塔には中程まで急勾配の階段を登ることができる。そこからの眺めはすばらしくチャオプラヤー川や対岸の景色も一望できる。体力に自信のある方にはおすすめポイントだ。

 

先程の船着場からティアン船着場まで戻り、そこから徒歩で約5分くらいの所にあるワット・ポー(涅槃寺)に向かった。チケット代は50バーツ。ここの観光の目玉は礼拝堂にある巨大な横たわった涅槃仏だ。敷地内には大小の仏塔が沢山ある。ここでのもう一つの目的は、タイ式マッサージを受けることであったが、受付場所が分り辛いところにあり一苦労(通常観光客用の入り口からは少し離れている。入り口はその他にも数箇所はあった)やっと探し当てたが、待ち時間が30分であったため、その日は諦めた。

 

ワット・ポー横でタクシーを拾いサイアムスクエア近くのMBKセンターへ向かった。タクシー代は乗り込む時の交渉で100バーツ。日本の地下鉄代くらいなのでバンコク市内はタクシーの利用をおすすめ。但し地下鉄やBTSがあるところではそれらの利用をおすすめするがまだ市内の一部のみ。タクシーは殆どがメータータクシーであるが事前に交渉するタクシーもあるので注意!。タイのタクシードライバーは日本のように会社に雇われているのではなく、態度の悪いドライバーも中にはいた。行きは感じの良いドライバーであったが帰りのタクシードライバーは最低であった。ワット・ポーよりも近いホテルなのに200バーツだと吹っかけてきた。タクシー本体にはメータータクシーと表示されているにも関わらず、(後日何度となくメータータクシーを利用したが実際メーターでは100バーツもしない距離)こちらも値切って乗ったが、運転中ふて腐れた態度に嫌気がしてきた。

 

この日の夜は疲れていたため食事に行く元気もあまりなく、ホテル近くのデパートで食材を買ってきて夕食とした。

2007年12月25日(火曜日)・・・晴れ

朝食後、世界遺産アユタヤの旅とチャオプラヤー川クルーズのオプショナルツアーを日本で申し込んでいたので集合場所であるシェラトンホテルまでタクシーを利用。朝日を浴びながらチャオプラヤーを遡る数時間のクルーズが始まった。川の流れはゆったりとしていて水草がたくさん浮いていた。昼食は船内バイキングで美味しかった。昼前にアユタヤ近くで下船して観光バスに乗り換え、最初の観光地であるバンパイン宮殿へ。ここはタイ・中国・ポルトガル等多様式の建物が並ぶ宮殿である。公園のような感じもしたが。

 

次に訪れたのがワット・ヤイ・チャイモンコン、高さ72メートルの仏塔がそびえる寺院。ワット・ポー程の大きさではないが涅槃仏も入り口付近にある。仏塔は自然な色彩で見応えがあった。黄色い衣装を身に着けた坐像が数十体、仏塔を囲むように配置されている。

 

次に訪れたのがワット・マハタート、14世紀の重要な寺院の一つ。ここには神聖な木、トンポに眠る仏頭がある。その後近くの象乗り場へ向かう。他の同行ツアーの方達の象乗りに一時間以上待たされた。ツアー案内にはそんなことは全く記載されていなかったのに・・・

 

最後の観光地、ワット・プラ・シー・サンペットへと向かった。ここは3つの仏塔が並んで残るかつての王室専用寺院。見応えがあり写真撮影ポイントが沢山。しかしさっきまで晴れていたのに急に雲が・・・象乗りで待たされるのであれば、先にここへ案内してくれても良かったのにと、内心呟いてしまった。オプショナルツアーであればそうそう自分の思い通りにはなりませんよね。だけど予定に入っていないみやげ店に連れて行かれるし・・・○○○はあまりそのようなことはしないと思っていたけれどタイではその限りではなかった。

 

帰りはバスでバンコクまで・・・。

2007年12月26日(水曜日)・・・晴れ

今日も日本で申し込んでいたオプショナルツアーに参加。朝食後、集合場所であるシャングリラホテルまでタクシーを利用。ダムヌンサドアック水上マーケット半日観光へと向かった。バンコク市内からバスで約1時間30分。水上マーケット近くでボートに乗り換え、水上マーケットへ向かう。途中何度も水しぶきを浴びたがボートからの景色もよくカメラに水が掛からないように注意しながら写真撮影。水上マーケットは完全に観光地化されていて、ちょっとその点がマイナスであったが、十分楽しめた。

 

午後ワット・ポーにてタイ古式マッサージを受けに・・・その日は1時間待ちとのこと、思案していたら別の場所ならすぐできるからと、ワット・ポーから少し離れた場所まで案内された。そこにも沢山の人達がマッサージを受けていた。1時間コースのマッサージを受けたがあっという間に終わった気がした。今回生まれて初めてマッサージを受けたのだが、機会があれば再度試してみたいと思う。

2006年12月27日(木曜日)・・・晴れ

ホテルで休養。

2007年12月28日(金曜日)・・・晴れ時々くもり

パタヤへのオプショナルツアーをキャンセルしてホテルで休養。

夕方になってヤワラート通りチャイナタウンの中心付近まで散歩。この通りには金製品の店舗が数多く店を出しており、何よりも驚いたのはどこも客で一杯なのだ。日本の貴金属店では見慣れない光景であった。この近辺には沢山の露店がでており、果物から電化製品、日用品、食料品など多彩であった。同じチャイナタウンでも中心地を離れると露店は夕方から徐々に店じまいして夜には殺風景となる。金曜日はそれでも宿泊ホテルの真下近くの路地で深夜0時過ぎまで中国系の人達が大きな音楽を流してずっと回転しながら踊っていた。14階の部屋まで容赦なく音楽が流れ込んできた。周辺の人達から文句一つも出ないのだろうかと思う程だった。

2007年12月29日(土曜日)・・・晴れ

午前、タクシーでサイアム・スクエアまで行き、BTSに乗り換えルンビニ公園まで行った。公園の隣にあるナイト・バザールまで行ったが、夜再度訪れるため早々にタクシーでホテルへ帰る。夕方歩いてヤワラート通りのチャイナタウンへ、夕食はひと際賑わっている海鮮の店に入る。付近では露店にも沢山店が出ていて食事している人も半端な数ではないのだけれど、暑さと湿度に弱い私たちは冷房の利いている室内のテーブルへ。夕食後、歩いて地下鉄フアランボーン駅まで行きナイトバサール近くの地下鉄駅ルンビニまで行った。ナイトバザールには凄い数のおみやげ店やマッサージ店、飲食店が整然と並んでいた。バンコク市内一般の露店などと違ってとても綺麗であった。帰りはホテルまでタクシーを利用。

2007年12月30日(日曜日)・・・晴れ

今日深夜帰国便に搭乗予定だが、観光もしないでホテルをチェックアウト後、タクシーでスワンナプーム国際空港まで向かった。帰りは高速を使わないで500Bの言い値で承諾。普通なら荷物をホテルに預けて観光に出掛けるのだが、タイの暑さにかなり参ってしまっており、汗でベトベトになるのも嫌だったので観光なしを選ぶ。昼12時には空港に到着、離陸時刻は23時なのに、空港でどうやって時間を潰そうか・・・先ず空港内の写真撮影、その後空港内のレストランで飛行機を見ながらの昼食・・・その後が長かった・・・。

中部国際空港では当日いつでもチェックインできるのに、タイでは夜7時30分がチェックイン開始であったため本当に困ってしまった。しかしチェックインが先頭だったため好みの席を指定できて、待たされた苦労もこれで幾分解消された。出国手続き後、待合室までの免税店が凄い・・・世界の空港の中でも最大級であった。売られているものは代わり映えはしないけれど、その数が凄かった。中部国際空港とは比べ物にはならない店舗数。最後の買物を済ませ待合室へ、そしてJL738便に搭乗したが23時40分くらいになってやっと離陸、23時30分離陸予定の隣に駐機していたエールフランスが先に離陸していたのは言うまでもない。客が遅れた訳でもなく機体の調子が悪かったのでもなく、何故か不可解な離陸時間であった。何のアナウンスもなくこのようなこともあるものなのですね。いつものことながら離陸後は直ぐに爆睡状態に。

2007年12月31日(月曜日)・・・晴れ

午前6時15分、中部国際空港着。常滑は快晴。タイと違って空気が澄んでいてとても綺麗に感じた。

こんなに日本が綺麗で有り難く思ったことは過去の海外旅行ではなかったように思う。


タイ王国の写真は 無料写真素材(タイ王国)のページ をご覧ください。

売れ筋商品
<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

タフムーブメントを搭載した多機能クロノグラフ

素材:ケース:ステンレススチール、バンド:ステンレススチール、風防:無機ガラス

エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場しました。世界6局の標準電波に対応した高感度小型アンテナを内蔵しているため、海外への出張や旅行の際も正確な時間を確認できるのが特徴。カシオ独自のソーラー充電システム・タフソーラー、針ズレを修正する針位置自動補正機能により、正確性、信頼性の高い時刻表示が可能となっています。多層構造の文字盤はモノトーンで仕上げられ、光の陰影により立体感をもたらします。

ANAショッピング

・・・詳細確認・ご注文は商品写真をクリックしてください。

価格 42,525円 (税込)      配送手数料 630円 (税込)




 このページトップへ

Copyright (C) 2006 The favorite world All Rights Reserved.