広告商品

写真・リンクをクリックで詳細画面が表示され、ご注文頂けます。

〈アニアリ〉メッセンジャーバッグ
【JALショッピング別注】オフはもちろん、スーツにも持てる大人のレザーメッセンジャー。
JALショッピング
価格:29,925円(税込)

<インディード>ANAショッピング別注レガールビジネスブリーフ
使い込むほどに風合いを楽しめる良質な革を使用深みのあるネイビー×ブラウンの組み合わせはここでしか買えない別注商品深みのある色合いが上品なビジネスブリーフです。
ANAショッピング
価格:40,950円(税込)

〈JALUXオリジナル〉休日ショルダー
世代を問わずに、愛用できるベーシックデザイン。コーディネートしやすく、使い回せる万能バッグ。
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

〈アビステ〉旅の3点セット
旅支度が楽しくなる、シューズ・アクセサリー・ランジェリー収納ケース3点セット。
JALショッピング
価格:9,800円(税込)

<PELLE MORBIDA>被せボストンバッグ L ブラック
たっぷり収納できるサイズ設計は旅行のお供にもぴったり素材からデザインまで、全ての工程をこだわり抜いて仕上げた「PELLE MORBIDA」のボストンバッグ。
ANAショッピング
価格:76,650円(税込)

5Eエアーヒールパンプス
低反発素材とエアー入りヒールでラクな履き心地。快適さと歩きやすさをとことん追求したパンプス。
JALショッピング
価格:10,290円(税込)

ハリスツイードリバートート ネイビー
ハリスツィード生地を使用したリバーシブルトートバッグ
ANAショッピング
価格:19,950円(税込)

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF
エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場。
ANAショッピング
価格:42,525円(税込)

〈リツア〉ショルダーバッグ
大人の休日を快適にする、斜め掛けしやすいショルダーバッグ。
JALショッピング
価格:15,750円(税込)

〈ブリッグス&ライリー〉ブリーフケースVB402
オフにも持ち歩ける高機能ビジネスバッグ。。
JALショッピング
価格:18,900円(税込)

美軽シューズ III
旅におしゃれで軽快なセカンドシューズを!“美軽”は、さらに美形へ。グッと大人な表情に!
JALショッピング
価格:9,975円(税込)

<ネオプロ>ガーメントケース
スーツを2着収納、三つ折りタイプのガーメント
ANAショッピング
価格:13,650円(税込)
【A-レコメンド】<ANA創立60周年記念>ロクシタン スペシャルトータルケアセット
プロヴァンスの自然の恵みを堪能できるセット「ロクシタン」の人気商品を詰め込んだ、プロヴァンスの自然の恵みたっぷりのスペシャルセット。
ANAショッピング
価格:6,300円(税込)

<seisuke88>キティコラボラミネートトートバッグ 空飛ぶ
ハローキティコラボアイテム人気のトートバッグ
ANAショッピング
価格:12,600円(税込)

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
JAL機内販売品がJALショッピングでお買い求めいただけます!JALショッピング
プロが旅支度のコツをオススメアイテムを教えます♪-JALショッピング
楽天トラベル株式会社
楽天トラベル株式会社
トルコ共和国ミニミニ旅行記
トルコの写真は 無料写真素材(トルコ共和国)のページ をご覧ください。

2010年12月23日(木曜日)・・・晴れ時々くもり
中部国際空港・・・11時55分発 AY080便(フィンランド航空・エアバス330)にてフィンランド・ヘルシンキ乗り継ぎ、トルコに向けて旅立つ。座席は2列・4列・2列でジャンボのように3.4.3列より快適。フィンエアーの当機の場合、前席との座席ピッチが狭くやや窮屈に感じた。ロシア・ハバロフスク上空、かなり北よりの飛行コースを飛び、ヘルシンキまで9時間50分のフライト予定で飛び立った。
機内から   タッチパネル
機内はやや窮屈だが、清潔で明るく、パーソナルモニターはサイズはやや大き目で見やすくて、タツチパネル方式なので操作は迷わず出来た。画面表示も日本語に切り替え可能で映画ほか十分楽しめた。

経費節減のためか、客室乗務員は少なく、格安航空のように一部有料の飲み物、スナック類であった。今まで利用した航空会社では殆どが、乗り込んでからソフトドリンクのサービスをする際におつまみを同時に配るのに、この航空会社はそれはなく、ピーナッツ類のおつまみを3ユーロで機内購入した。

機内食1  機内食2
機内食は2種類から選べ美味しかった。、エコノミークラスでは普通のグレードだと感じた。 着陸約2時間前に、軽食(温かいサンドイッチ)のサービスがありこれもまた美味しかった。

ヘルシンキ  ヘルシンキ
およそ定刻通り、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に到着。曇り空。

気温−18℃。空港は雪で覆われていた。

現地時間20時15分、エアバス319にてイスタンブールへ飛び立つことになるが、搭乗口からバスで飛行機まで移動、一旦バスから降り飛行機に乗り込む時には−20℃、凍えるような寒さであった。

予定ではEmbraer190の機体だったが、当日はAirbus319となった。通路を挟んで3列・3列で前席との座席ピッチはエアバス330よりも広く、ゆったりした感じであった。飛行時間約3時間20分後、トルコ、イスタンブール・アタテュルク国際空港に到着。空港内で両替を済ませ宿泊ホテル(バルセロ・エレシン・トプカプ)へ。中グレードのホテルに感じた。部屋は比較的広くきれいであった。風呂の湯は蛇口からの水量が少な過ぎて、バスタブ一杯になるのに時間がかかったが、湯が出なくなるようなことはなかった。

コンセント今回利用したホテルはすべて写真のような少し窪んだコンセント差込口だった。日本で購入できるCプラグが利用できる。イスタンブールはじめ地方でも同様であった。夜行寝台列車アンカラにも各部屋に同じ規格のコンセント差込口が備わっていた。多分トルコ国内の一般ホテルではCプラグを用意すれば充電は問題ないだろうと想像する。


2010年12月24日(金曜日)・・・晴れ時々曇り

朝食はバイキング形式で、種類も豊富で生野菜、ハム、卵、トマト、パンの種類も多く味も良く堪能できた。隣国のギリシアを旅行した時とはかなり違っていた。朝食を見ただけでもトルコは豊かな国なのだなと感じた。
ホテルを7時30分に出発、今日の目的地【トロイの遺跡】に向けてチャーターバスにてイスタンブールの街中に出た。太陽が市街地、モスクを照らし、非常に綺麗であった。
ヨーロッパ側からカーフェリーでダーダネルス海峡を渡りアジア側にあるトロイ遺跡へ向かうコースをひた走った。カーフェリー乗り場であるゲリボル港に到着、昼食休憩、豆スープ、サバのソテーなどを食べ、少し時間があったので港近辺を散策した。
ゲリボル港  ダーダネルス海峡
休憩後カーフェリーに乗り込み約30分後に対岸のラプセキ港に到着。また陸路をトロイ遺跡に向けて走った。
トロイの木馬  トロイ遺跡
トロイ遺跡に到着、風が非常に強かったが、まずトロイの木馬観光からスタート。木馬の下腹付近からはしごで内部に登ることが出来た。子供用の大きな玩具・遊戯施設のように感じたが・・・。
トロイ遺跡は木馬ぐらいしか知識がなかったが、木馬近辺には小規模だが立派な遺跡群があり、散策観光した。観光後、その日の宿泊地のアイワルクに向かった。

宿泊ホテル・グランドテミゼルホテルに到着した頃は日も暮れていた。雨はなかったが嵐のように風が強く、地中海に面した浜辺まで行くこともできず、部屋で過ごすことになった。ここも中グレードのホテルであったが綺麗な部屋で、湯も勢い良く出て快適に使用できた。
夕食はバイキング・・・見込み野菜料理の種類が多く、スープ、イワシ、サバの煮込みのようなものがあった。肉は鶏肉のソテーのみであった。ただ生野菜が有難かった。豪華ではなかったが、野菜料理メインの健康志向のメニューに感じた。果物はオレンジとりんご。


クリスマス・イヴであったがここはイスラムの国、他の西洋諸国のようにキリスト教の国ではないので、一般の店も交通機関、ホテルの食堂なども休むことはなく、その点では安心して旅を続けることができた。


2010年12月25日(土曜日)・・・曇り

今朝は曇り空、昨夜の風は収まっていたが、客室の窓から地中海を眺めただけで浜辺まで行くことはなかった。バイキングの朝食後7時30分、本日の観光目的地【エフェソス遺跡】に向けて出発。


今日は暖かく、朝晩は冷え込んだが、日中はシャツ1枚でもOKなくらいであった。

途中、アルテミス神殿跡で古代トルコ風呂跡などを見学後、昼食(トマトスープ、シシケバブなど)。
古代トルコ風呂跡

昼食後、エフェソス遺跡観光へ。

南口から入り徒歩で神殿跡、25,000人収容の円形野外劇場などを見学、かなり大規模な遺跡に感じた 。出口付近にはトルコ名産のザクロのジュースが売られていた。日本のものより甘くておいしい。また旅行中で食べたトルコの野菜はトマトなども含め、甘み旨みがあり美味しく感じられた。
エフェソス遺跡  野外劇場

エフェソス遺跡観光の後、皮革製品ショップに立ち寄った後、今夜の宿泊地であるパムッカレに向かった。
石灰棚近くの宿泊ホテル、サーマル・コロッセアに到着、地元の結婚式が執り行われていて賑やかであった。夕食はバイキングでサラダ野菜等は豊富であったが、可もなくなく不可もないといった感じであった。部屋はパッと見は綺麗なのだが、やや狭く安普請、トイレのフラッシュが壊れていたり、電灯スイッチの接触が悪く、部屋の照明が頻繁に消えたので、フロントに連絡した後、スイッチ部分を手で何度か叩いたら何故か直ってしまった。
温水プールつきのホテルなのだが、疲れきっていたので、夕食後すぐに寝てしまった。


2010年12月26日(日曜日)・・・晴れ時々曇り

朝食はパン、ハム、ゆで玉子、オートミールなど平均的なバイキング。
7時30分頃、今日最初の観光地である【パムッカレ・ヒエラポリス】観光に!ホテルからすぐ近くで、まだ付近は少し薄暗く感じられたが、すでに沢山の観光客で賑わっていた。
残念だったのは石灰棚には水が殆どなく、テレビで見たような景色ではなかった。それでも何枚かの棚には水があり、その写真を撮影出来ただけでも幸いであった。石灰棚に隣接して円形劇場などの遺跡もあり時間があれば観光するのも良い所だと思った。 いや石灰棚より遺跡のほうが良かったかな?
石灰棚  ヒエラポリス遺跡

その後、バスにてコンヤまで移動、途中道沿いのレストランで昼食休憩。

夕方5時頃からコンヤ市内のメブラーナ博物館を見学。

メブラーナ博物館  メブラーナ博物館

今夜の宿泊ホテル(リクソス)に向かう。今回の旅行で利用するホテルの中では一番グレードの高いホテルなので少しは期待していたが・・・。郊外の高層ホテルで一見立派。部屋も一見立派だが、細部を見るとガタがきている壊れた箇所が目に付いた。例えばバスタブの側板がずれていたり、ドア枠が錆びていたり。デデマンを利用できると思って期待していたら、このリクソスに変更になっていて、旅行前から少し不安だったのだが、予想通り。とは言っても一応高グレードのホテルなので不便はあまり感じなかったが。夕食・朝食ともバイキング料理、味は特においしいくもなく豪華でもなかった。椅子の肘あても壊れていたりと・・・色々壊れた部分が気になるホテルであった。ホテルを選べるならデデマンをお勧めしたい。


2010年12月27日(月曜日)・・・曇り一時晴れ

朝食を済ませ、カッパドキアに向けて7時30分頃出発。 曇り空の中、シルクロードをひたすらカッパドキアに向けて走った。 途中、はるか遠くに見えるトルコ富士(ハサン山)をバスから降りてしばし見学。正式な山の名前かどうかは分からないが、トルコ人ガイドの方はハサン山と説明してくれた。曇り空で薄暗い中撮影したのでこのような写真になったが、実際の目で見るとすばらしい景色であった。
ハサン山

その後も延々バスを走らせ昼頃、やっとカッパドキアに到着。先ずは鳩の谷を見学。曇り空でがっかりしていたが、途中奇跡のようにパッと太陽光が差し込んできた・・・ほんのつかの間だけだったが。
鳩の谷

その後、洞窟レストランで昼食後、絨毯工房に立ち寄って見学・・・しかし・・・何故この時間に1時間以上も絨毯見学しないといけないのか・・・夕方でもよいのにと、外の日照のことばかり気になっていた。冬のヨーロッパは日照時間が短く、観光する時間も当然短くなる。まして外は曇り空・・・

やっと絨毯工房見学も終わり、パシャバー・ウチヒサール・ビジョンバレー・三美女の岩、最後にギョレメの谷の見学となったが、やはり薄暗い中観光することに・・・最後のギョレメの谷で伸びる名物のトルコアイスを食べた。山羊の乳とユリの実で作られたもので、日本でも偽物の材料で作られたものは食べたことがあったが、トルコに来て本物をやっと食することができ満足。

三美女の岩

カッパドキア観光後、バスにてアンカラまで向かう。

夜8時頃アンカラに到着、アンカラ駅構内のレストランで夕食を済ませた。今夜はホテルには宿泊しないで夜行寝台列車アンカラにてイスタンブールに向かった。夜10時頃列車に乗り込んだ。二段ベッドの個室であったがまだベッドは用意されていない状態であった。乗り込んですぐにベッドメイキングと軽い軽食(スナック菓子・オレンジジュース・ミネラルウォーター)を配ってくれた。10時30分過ぎにアンカラ駅を出発、しばし夜景を楽しんだ。
アンカラ寝台列車  アンカラ寝台列車


2010年12月28日(火曜日)・・・曇り一時雨

朝食は列車内の食堂車にて 6時30分から。交代制で早い人は4時過ぎから朝食時間を割り当てられていた。朝8時過ぎイスタンブール、ハイデルパシャ駅(アジア側)に到着。

霧雨のなか、スーツケースを待ち受けていたバスに預け、徒歩でボスフォラス海峡クルーズ乗船場まで向かった。ハイデルパシャ駅が海の傍なので短時間の移動で済んだ。だが寒い。今までは暖かい日ばかりであったが、イスタンブールは真冬の寒さであった。

約1時間のボスフォラス海峡クルーズを楽しんだ。天気が悪く雨もポツポツ・・・視界もあまりよくない中、写真を撮りまくった。これが晴れた日なら、本当に絵葉書のような景色なのになあと・・・と思いながらも。

しかし仕方がない、冬のイスタンブールはこのような天候が多いらしい。欲を言うならベストシーズンに訪れたいものだ。

ボスフォラス海峡  ボスフォラス海峡

その後、ブルーモスク観光に向かった。どんよりとした薄暗い中の観光であったが、モスクの内部はテレビで見たものよりずっと綺麗であった。隣接したアヤソフィアも時間があれば見学したかったのだが、今回は外観だけ見ることに。ここもかなり入場待ちの列が・・・外観は薄いレンガ色とでも表現したら良いのかどうか・・・外観に関して言えばアヤソフィアの方が個人的には心惹かれるものがあった。

ブルーモスク  ブルーモスク

昼食休憩後、グランドバザールに向かい約1時間散策をした。バザール内部は迷路のようで迷子になったらなかなか元の位置までたどり着けないのではと思うくらい大きかった。売っているものはお土産品のようなものが多かったが、革製品を手にとって細部を見たら大雑把な造りであったりと・・・偽物もかなりあったような・・・。しかし見ているだけでも楽しい所だ。何故か店の人達はやけに日本語がうまい。

バザール  バザール

グランドバザール見学後、その日の宿泊ホテル(スルメリ・イスタンブール)に向かう。夜8時からベリーダンス・ディナショーがあるまでの約4時間が自由時間となった。昨夜は列車内に泊まったので風呂に入れなくて気持ちが悪かったので、先ずシャワーをすぐに浴びた。ゆっくりと休憩もしたかったが、折角の自由時間、外に出ることに・・・しかし外は雨が降っていて、ショッピングモールまで行くつもりが、ホテル近くのキングバーガー店に入り時間を潰した。 このホテルは新しくはないが清潔で過ごしやすかった。地方のホテルよりもイスタンブール市内のホテルの方が何故か落ち着いて過ごすことが出来たように感じた。

23時頃、ディナーショーからホテルに帰り、就寝。


2010年12月29日(水曜日)・・・曇り一時雨
バイキングの朝食はこのホテルでも生野菜があり有難かった。ホテルを8時に出発、トプカプ宮殿に向かった。トルコ最終日の観光がスタートした。 朝早くに宮殿に向かったため、あまり待つ事もなくスムーズに入場できた。入り口ではセキュリティー検査がありそれを通過して、宮殿内を観光。

宮殿から見下ろす形で、ボスフォラス海峡を眺めたが、その景色がすばらしかった。ただ天気がこの日も今にも雨が降りそうな曇り空だったのが・・・。

トプカプ宮殿  トプカプ宮殿

最後の観光地であるトプカプ宮殿を後にアタテュルク国際空港に向かった。この空港では2回、荷物の検査があった。一度目は抜き打ちに何十人かに一人、スーツケースを開けるように言われていた。

残ったトルコリラを通関後に日本円に両替を済ませ、待合室へと向かった。10分遅れで13時25分、AY956便(エアバス319)で乗り継ぎ空港であるヘルシンキへと飛び立った。 トルコから北に向かうに従って地上には雪景色が広がっていった。帰りも殆ど満席に近かった。

エアバス319  エアバス319

定刻にヘルシンキ到着、空港ではショッピングも出来ないくらい慌しく、セントレアに向かうAY079便(エアバス330)が待機している待合室へと急いだ。

12分遅れの17時27分離陸、日本へと飛び立った。この飛行機も満席に近い状態だった。帰りもやはり前席との座席ピッチが狭い飛行機なのが気になったが、個人ビデオがタッチパネルで快適であるためそれも忘れさせてくれた。 離陸後しばらくしてから二種類からチョイスできる夕食のサービスが始まった。味はまあまあ美味しかった。茶そばがあるのが嬉しかった。

機内食  機内食


2010年12月30日(木曜日)・・・曇り

北京上空近くを通過してから段々と夜明けが近づいてきたのが分かった。帰りは右側の窓から朝焼けが確認できた。 行きは左側の窓側に座ると延々と続く夕焼けを見ることができる。 機内から

朝鮮半島を通過する頃には太陽も比較的高く、窓から雲海が広がっていた。

定刻9時55分頃、中部国際空港(セントレア)に到着。トルコの旅は終わりを告げた。


トルコの写真は 無料写真素材(トルコ共和国)のページ をご覧ください。

売れ筋商品
<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

<カシオ>エディフィス タフムーブ EQW-T1010DB-1AJF

タフムーブメントを搭載した多機能クロノグラフ

素材:ケース:ステンレススチール、バンド:ステンレススチール、風防:無機ガラス

エディフィスに4つの先進機能“タフムーブメント”を搭載したモデルが登場しました。世界6局の標準電波に対応した高感度小型アンテナを内蔵しているため、海外への出張や旅行の際も正確な時間を確認できるのが特徴。カシオ独自のソーラー充電システム・タフソーラー、針ズレを修正する針位置自動補正機能により、正確性、信頼性の高い時刻表示が可能となっています。多層構造の文字盤はモノトーンで仕上げられ、光の陰影により立体感をもたらします。

ANAショッピング

・・・詳細確認・ご注文は商品写真をクリックしてください。

価格 42,525円 (税込)      配送手数料 630円 (税込)




 このページトップへ

Copyright (C) 2006 The favorite world All Rights Reserved.